地震の種類を知っておこう|地震に備えるには予測情報サービスを活用するのが賢明!

震災時の安全対策や地震の特徴をタイプ別に見てみよう

地震について知っておくことが安全対策の第一歩

プレートから起きるもの・火山性のものなど、地震には様々な種類があります。タイプによって揺れ方も異なるので、それぞれの特徴を掴んでおけば地震発生時に冷静に行動する手助けになるでしょう。

地震にはどんな種類があるのか

プレート間地震(直下型)

地震とは、海洋プレートが内陸プレートに沈み込み、そのひずみが解消されたときに起こります。その中でも内陸の浅い部分の活断層にズレが生じたときに起こるのが、この直下型地震です。震源地の真上に都市部があると、甚大な被害が生じます。

プレート間地震(海溝型)

海洋プレート地震とも呼ばれるのがこのタイプです。海溝の近くで起こることから、震源地の多くは沿岸となります。最初に小さな縦揺れがあった後、長く大きな横揺れがくるという特徴を持っていて、発生頻度も規模も直下型より大きいです。

火山活動によって起きる地震

阿蘇山や桜島など、日本には複数の活火山があります。そういった火山の活動によって起きる地震が火山性地震です。火山内部の活動や噴火による地震が主ですが、プレート間地震よりも規模が小さく、地震よりも噴火による被害が大きいのが特徴となっています。

地震の種類を知っておこう

女性

地震発生時の身の守り方

地震はいつどこで発生するか分かりません。そのため、日頃から予測情報サービスをチェックしたり、地震発生時にはその時にいる場所に応じた身の守り方を知っておきましょう。とっさの判断が生命の危機を救うことも大いにあるためです。家の中なら火元が閉じているかを確認し、頑丈なテーブルの下に隠れます。商業施設などの建物内なら警備員の指示に従いましょう。ちなみに、建物の内外を問わず共通しているのは「倒れてきそうなもの・落下の心配があるものからは出来るだけ離れること」です。

津波警報などが出た場合

海沿いにいたときに地震が発生したら、速やかにその場から離れて高台に避難しましょう。旅行などでその土地の地理が分からなくても、津波避難ビルや避難場所のマークは必ずあります。それを目印にして避難することが大切です。河川の近くにいる場合も同様です。津波は川沿いに上流側にも迫ってくるので、河川の流れに対して直角の方向へ逃げましょう。

安否確認の方法を決めておく

家族と離れて暮らしている場合、地震発生時の安否確認の方法を前もって決めておきましょう。特に避難時の集合場所を話し合っておくことはたいへん重要です。また、電話回線では「災害用伝言ダイヤル」や「災害用伝言板」といったサービスを活用できます。